カードローンの郵送物なしにするポイントは?

カードローンの利用はできればバレたくない人が多いはずです。

 

借入がバレる理由の1つとして自宅へ郵送物(契約書やカードなど)が送られてくることが挙げられます。

 

ただ、カードローンの郵送物はなくすことができ、家族に借入がバレることを防ぐことができるようになっています。下記が郵送物をなしにするポイントになります。

カードローンで郵送物なしにするポイント

  • web上で完結(web完結)できる
  • カード発行なし(カードレス)
  • 自動契約機(無人契約機)がある

web完結で郵送物なし

web完結とは申込~契約をwebだけ終わらせることができるサービスです。

 

つまり契約書を書面で取り交わす必要がないため、郵送されてくることがありません。

 

本人確認書類(免許証やパスポートなど)や収入証明書はアップロードやアプリから提出することができます。

 

web完結ができるカードローンの中には電話連絡が一切なく契約までできる商品があります。

web完結対応のカードローン

  • プロミス
  • モビット
  • アコム
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • アイフル
  • 三井住友銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン

カードレスで郵送物なし

契約書以外に郵送されてくるのがローンカードです。銀行カードローンならカードの見た目だけではわからないかもしれませんが、消費者金融なら見たらわかってしまう可能性が高いです。

 

ただ消費者金融では、カード発行なしで取引をすることができたり、銀行だとキャッシュカードで取引することができるカードローンがあります。

 

カード発行なしの場合は、銀行振込での融資やスマホアプリ(セブン銀行のみ対応)で借入できます。カードローンによってはほぼ24時間365日いつでも振込融資が受けられるため、カードがないからといって土日借りれないということはありません。

カードレス対応のカードローン

  • プロミス
  • モビット
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • アイフル

自動契約機(無人契約機)の来店で郵送物なし

カード発行希望だけど郵送がまずいという人は、自動契約機へ来店すれば、カード受取や契約もできるため、郵送物を一切なしにすることができます。

 

営業時間はカードローンによって異なりますが21時~22時と夜遅くまで営業しているため、仕事帰りでもカードを受取することができます。

 

申込をすることもできますが、webから申込して審査に通過後に来店する方がいいでしょう。必ず審査に通る訳ではないため、審査に落ちたら無駄足になります。

自動契約機(無人契約機)の設置があるカードローン

  • プロミス
  • アコム
  • レイクALSA(レイクアルサ)
  • アイフル
  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)

郵送物なしで借りれるのは消費者金融?銀行カードローン?

消費者金融・銀行カードローンどちらにも自動契約機の設置があるため、どちらからでも郵送物なしで借りることはできます。

 

自動契約機が利用できないという人であれば、消費者金融からでないと郵送物なしで借りることは難しいです。

 

三井住友銀行カードローンは、web完結に対応、キャッシュカードで借入返済ができるため郵送物が無さそうですが、利用規約などが必ず郵送されてきます。つまり完全に郵送物ゼロにはできません。

 

一方消費者金融はweb完結とカードレスの両方に対応しています。各社(プロミス・モビット・レイクALSA)に問い合わせたところ「一切ありません」と回答がえられました。

 

消費者金融ならわざわざ自動契約機へ来店しなくても、郵送物なく借りれるためおすすめです。

郵送物なしで借りれるおすすめのカードローンは?

プロミス
限度額 上限500万円
利率 4.5%~17.8%(実質年率)
web完結
カードレス
自動契約機
レイクALSA(レイクアルサ)
限度額 上限500万円
利率 4.5%~18.0%(実質年率)
web完結
カードレス
自動契約機
モビット
限度額 上限800万円
利率 3.0%~18.0%(実質年率)
web完結
カードレス
自動契約機
三井住友銀行カードローン
限度額 上限800万円
利率 4.0%~14.5%(実質年率)
web完結
カードレス
※キャッシュカード一体型
ローン契約機